英検1級1次試験直前にやったこと

Kenji
こんにちは。Kenjiです。
( Twitter & Instagram )
私が英検1級の試験対策1か月前から直前までに行ったこと&心がけていたことについてシェアしたいと思います。
試験直前は不安になりがちだと思いますので、私の取った方法が勉強している皆さんの一つの目安・ご参考になればと思います。

実際に行った英検1級1次試験直前の行動

試験の1か月前

この期間に活用していた問題集と勉強法をシェアします。

解いた過去問を復習する

試験1か月までに過去問1冊につき、3回くらいは解いていましたが、もう一度見直してみると覚えきれていない単語や1回読んだだけではすんなり頭に入ってこない英文があることに気づきました。

問題集の復習と聞くと「解答を覚えてしまうのでは」という疑問もありますが、この段階ではどれが解答なのかということは気にしていませんでした。

リスニングセクションであれば、「会話やアナウンスの内容がパーフェクトに聞き取れるか」ということにフォーカスしていましたし、リーディングセクションでは「語彙や文法で不明なところは無いか」、「一度読んだだけで頭にすんなりイメージが浮かぶか」ということにフォーカスしていました。

解いた問題集を完全に味わい尽くすといった感じだったと思います。

(今思い返すとリスニングセクションで点数を取るためにもう少し「シャドーイング」の練習をしておけば良かったと思います。)

私の場合、過去問自体は1か月前までに2冊やり終えていたのでこれを復習するだけで12回分の試験に出そうな英語表現をマスターできることになります。

これだけでも着実に理解することが出来れば、相当な量のインプットになるはずです。

また復習にフォーカスした理由としては、このタイミングから新しい問題集に手を出すと中途半端な状態で試験に突入することになりそうだったからと言う理由もあります。

※後述しますが、試験のかなり直前(一週間前とか)に時間感覚を得る意味で新しい模試1回分を解くのは良いと思います。

英作文をひたすら書く

英作文については試験直前とか関係なく得点源にしたかったのでずっと同じペースで取り組みました。

仕事が忙しくない限りは、1日1本書き上げる事を理想にしていました。

他に苦手分野がある人は、土日にやるとかでも良いと思います。

教材は上記の過去問と以下の問題集を使いました。

(MP3音声無料DLつき)最短合格!  英検1級 英作文問題完全制覇

(MP3音声無料DLつき)最短合格! 英検1級 英作文問題完全制覇

ジャパンタイムズ, ロゴポート
2,420円(10/22 14:27時点)
発売日: 2016/08/31
Amazonの情報を掲載しています

試験1週間前

基本的には1か月前と同じことをやっていましたが、この期間特別にやったことと言えば、新しい模試1つを解くことです。

これは新しく何かを吸収するというより、時間を測ってテストに慣れるためです。

やるからには復習はしますが、解答や知らない表現をチェックする程度にしました。

ですので最後に「テストに慣れる用」として模試1本分を残しておくと良いと思います。

注意点としては、直前に力試しを何度もやらない方が良いです。余裕で合格できる自信がある人は良いかもしれませんが、そうでない場合は自信を失う可能性もあるからです。

1回分やってみて思ったより点数が取れなくても、本番ではいい結果が出るかもしれないという期待はまだ持てますが、何度もやって全部結果が悪いと普通に凹みますからね。

マインドの持ち方も大事かも

モチベーション

以下の記事にも書いていますが、私はライフワークとして英語を勉強しているのでモチベーションを意識することはあまりしません。

【禅】成果出したいならモチベーションはいらないと思う

しかし試験合格という短期決戦の場合は、モチベーションはあった方が良い場合もあります。

ではどうやってモチベーションを出したら良いかと言うと、それは自分へのご褒美です。

単純なことですが、試験直前の踏ん張り時では結構力を与えてくれます。

私の場合は、以下のことを考えていました。

  • 焼肉を遠慮することなく、たらふく食べる
  • 半年我慢していた台湾まぜそばを人気店で食べる
  • 海外旅行を予約する(実際に台湾に行った)
  • 少し高めのマッサージを受ける

実際に合格したときは、勿論全部やりました。最高でしたよ。

ただ注意点としては、ご褒美は直前の辛いときに設定するのが良いと思います。

ずっと前から考えているとご褒美を想像することに慣れてしまうからです。(まぁ慣れてしまっても新たに設定すれば良いだけですが)

神頼み

私は神社やお寺めぐりが好きです。

家の近くに有名な学問の神様が祭ってある神社があったので、そこでお参りをしました。

これは勿論マストではありませんが、やれることはやっておこうというマインドは大事だと思います。

私は絵馬を書きましたが、他の絵馬を見るとみんなの決意とやる気が伝わってきたのを覚えています。

いつかは受かる

英検は年3回のチャンスがあるので、勉強を継続していればそのうち受かります。

試験までに最善を尽くしておくことは大切ですが、あまり気負わずにしておくことも大切です。そうすれば試験が終わった後もすぐに勉強に戻ることが出来ます。

英検に限らず語学の学習に終わりは無いと思うので。

まとめ

私が英検1級の試験直前にやっていた行動・マインドは以下の通りです。

  • 試験対策
    • 解いた過去問をひたらすら繰り返す
    • 得点源にしたかった英作文に重点的に取り組む
    • 1週間くらい前に時間を測って模試を解く(やり過ぎない)
  • マインド
    • 1か月くらい前の頑張り時に自分へのご褒美を設定する
    • やれることはやったという自負を持つ(私は神社にも行った)
    • 試験後に燃え尽きないようにある程度の気楽さも持っておく

人それぞれ考え方や対策方法はあると思いますが、私はこんな感じでした。

英検1級は英検の最高位になるので、取得すると思ったより嬉しいものです。最後まで諦めずに、そして気楽に頑張りましょう!

 

使用した問題集については、以下の記事にもまとめているのでよろしかったらご覧ください。

英検1級合格者が実際に使っていた問題集&講座を紹介します!

 

 

Twitterやってます!